鶴見区は子育て世代が住みやすい!新築一戸建て購入のススメ

横浜で新築一戸建てを建てるなら

>

子育て世代には一戸建てがおススメ

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建てのメリットは、なんといっても「プライバシーが守られている」ということです。
壁や床1枚隔てて他人が住んでいる分譲マンションと違って、非常に自由度が高いです。

維持費が安く、支払い計画が立てやすいのも特徴です。
「建物のメンテナンスを自分で計画しなければいけない」というデメリットはありますが、いつ上がるか分からない共用部分の修繕費・管理費が不要なので、資金計画がスムーズに進みやすいようです。
もちろん、庭があれば駐車料金も無料です。

デメリットとしては、分譲マンションより購入金額が高いことや、出かける際には家中の戸締りをしなければならないということ、ゴミ出しなどは地域のルールに従う必要があることなど、分譲マンションのメリットの逆のことが起こり得ます。

子育て世代に新築一戸建てがおススメな理由

子育て世代には、新築一戸建てがおススメです。

まず、一戸建てには自分たちしか住んでいないため、子供の足音や泣き声で苦情がくることがグッと少なくなります。
音楽を習っている子供がいても、安心して練習ができます。
また、フルタイムで働いている方は、早朝や夜に掃除機や洗濯機を動かさないといけないことがあると思いますが、一戸建てなら気兼ねなく行うことができます。

子供がいると車があると便利ですが、駐車場代がないのは嬉しいですよね。

家の中や、庭で思う存分遊ばせてあげられるのも、「一戸建てでよかった」と思うポイントだそうです。

そんな一戸建てですが、買うなら新築がおススメです。
上手くやれば状態の良い中古物件を安く買うのが金銭的に安いのですが、リノベーション代で新築と変わらない金額になったり、よりたくさんメンテナンスが必要になったりするケースも多いようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る