鶴見区は子育て世代が住みやすい!新築一戸建て購入のススメ

横浜で新築一戸建てを建てるなら

>

「そろそろ家が欲しい」と考えるタイミング

マンションのデメリット

分譲マンションのメリットとして、まず「一戸建てよりも安い」ことが挙げられます。
土地に対してたくさんの部屋が作れるため、比較的便利な場所に一戸建てより安い金額で住めることが多いようです。

また、マンションの構造上、高い階層に住めば日当たりや風通しがよく、良い展望も期待できます。
オートロックがある物件ならセキュリティも高いため、安心できるでしょう。
メゾネット式でない限り基本的にワンフロアなので、家事の導線がシンプルになり、老後も足腰へも負担がありません。

物件によっては、24時間ゴミ出しが可能だったり、ゲストルームや防災設備が備え付けられていたりと、一戸建てにはないサービスを受けられることもあります。


マンションのデメリット

マンションの一番のデメリットは「管理費・修繕費を支払わなければいけない」ということです。
これは、マンションの共用部分の修繕や、光熱費、ゴミ収集業者などにかかる費用のことで、分譲マンションのローンを支払った後もずっと支払い続けなくてはなりません。
マンションの築年数が上がるにつれて高くなるのも特徴で、どのマンションも30年程度は管理費・修繕費の計画が立てられていますが、計画通りに行くとは限りません。

マンションの駐車場についてですが、多くのマンションで月額制が採用されています。
このようなマンションの場合、車を持っている限り駐車料金を払わなくてはなりません。

集合住宅なので、音の問題もつきものです。
賃貸マンションよりは防音に優れている物件が多いようですが、やはり足音や子供の泣き声、楽器演奏などでご近所トラブルになることもあるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る